MENU

予防方法

食中毒の中でも、感染率が高いノロウイルス。まずは、ノロウイルスに感染しない様に、日々の予防というのも大切となります。
では、ノロウイルスの予防方法をご紹介しましょう。まずは、しっかりと手を洗うことが大切。特に、赤ちゃんのおむつ交換後や、嘔吐物、排出物の処理をした後には、しっかりと洗うことが必要となります。感染してしまった方が、ご家族の中に居る場合には、タオルや石鹸などは別にするようにしましょう。また、手を洗う際には、手のひらだけでなく、指の間や指先、手の甲、手首などもしっかりと洗う様にしましょう。もちろん、嘔吐物や排出物の処理をする際には、十分注意が必要となります。小さなお子さん、高齢者がいるご家庭の場合には、出来るだけ処理はすぐに行い、触れることのない様にしましょう。処理の際には、マスク、手袋は必ず使用しましょう。出来れば、使い捨てタイプのものを選ぶ様にしましょう。トイレなどの消毒は、塩素系の漂白剤を薄め、しっかりと消毒を行いましょう。更に、調理の際にも十分注意が必要となります。ノロウイルスの場合には、主に貝類に存在しているものとなります。洗っただけでは、全て除去することは出来ませんので、十分に火を通してから食する様にしましょう。
症状が治まってくると、「もう、大丈夫だろう」と安心してしまう方もいると思いますが、ノロウイルスは排出物などから出ることになりますので、体調が良くなってもしばらくの間は注意するようにしましょう。