MENU

症状

「ノロウイルスには感染したくない」と思っている方が多いと思います。ノロウイルスは、症状は軽いものとはいわれていますが、高齢者の方や小さなお子さんの場合には、死に至るケースもありますので、注意が必要となります。
では、実際にノロウイルスに感染した場合には、どういった症状が現れてくるのでしょうか。まず、ノロウイウルスが発症するのは、口に入ってから24時間から48時間程度の潜伏期間と言われています。どういった症状が現れるかというと、最初は胃の不快感を感じる方が多くなります。そして、嘔吐などの症状が起こってきます。その後は、腹痛、下痢などの症状が現れます。しかし、人によって症状の出方は変わってきます。嘔吐だけの症状が現れる方もいますし、下痢だけの症状という場合もあります。高齢者の場合には、下痢の症状が多く見られますし、小さなお子さんの場合には、嘔吐の症状が多く見られます。また、中には37度程度の微熱を出す方もいます。一般的には、辛い症状が現れるのは1日程度。その後は、3日程度で回復していくことになります。ノロウイルスは、体の抵抗力が弱っている時に感染しやすくなりますので、普段から抵抗力が弱らない様に健康管理に気をつける必要があります。
万が一、症状が現れた場合には、嘔吐、下痢などによりたくさんの水分を出してしまうことになりますから、出来るだけ水分補給をする様に心がけ、少しでも早い回復が出来る様にしましょう。