MENU

どの様にうつるか

「ノロウイルスには、気をつけよう」と思っている方も多いと思います。ノロウイルスに感染してしまえば、仕事などにも支障を来すことになりますから、出来るだけ感染したくはないですよね。しかし、ノロウイルスはどの様に感染するか分からないという方も多いと思います。気をつけるにも、どういったことから感染するのか分からなければ、注意も出来ませんよね。
では、ノロウイルスがどの様にうつるのか、ご紹介しましょう。まずは、食中毒として感染することがあります。牡蠣、シジミ、アサリなどの2枚貝を、生の状態で食したり、半生の状態で食した場合には、食品により経口感染する可能性があります。牡蠣などは、しっかりと火を通すことで心配はありませんので、なるべく火を通した状態で食する様にしましょう。また、伝染性の胃腸炎として感染するケースもあります。これは、ノロウイルスに感染した方が、嘔吐をしたり、排泄をした際、処理を行った時に経口感染すると考えられます。集団生活をしている場合には、この伝染性胃腸炎として感染するケースが多くなり、集団感染へとつながることになります。
ノロウイルスは、通常の風邪やインフルエンザの様に、咳やくしゃみでは感染しません。あくまでも、経口感染となりますので、あらかじめ頭に入れて置きましょう。万が一、周りの方が感染した場合には、嘔吐物や汚物などの処理の際、十分気をつけて、処理を行う必要があるということになります。