MENU

吐物処理

ご家族の方の中に、ノロウイルスに感染してしまった方が出た場合には、ご家族の方が看病をすることになると思います。看病、お世話の際には、十分二次感染に気をつけて行う必要があります。例えば、風邪やインフルエンザの場合には、空気感染してしまいますよね。咳やくしゃみなどから、うつってしまうこともあるでしょう。
しかし、ノロウイルスなどの場合には、そういった感染は心配ありませんが、吐物の処理などの際に感染する可能性が大きくなります。これは、ノロウイルスの特徴ともいえるのではないでしょうか。ご家族全員がノロウイルスに感染してしまっては、大変なことになりますから、出来るだけ二次感染が起こらない様に注意しましょう。二次感染を防ぐには、まずは感染者の吐物の処理や汚物の処理の際、手袋やマスクなどを着用した状態で行うことが重要となります。また、処理後には、塩素系の漂白剤などを用いて消毒を行うことも重要となります。こういった処理をする際には、出来るだけいらなくなったボロ布などを用いて、すぐに捨てられるものを使う様にしましょう。また、感染者のパジャマなどが嘔吐などにより汚れてしまった場合には、洗濯機などで洗うことは避けましょう。出来ることなら、処分してしまった方が安全といえます。また、普段手洗いの際に使っているタオルなども、感染者と同じものを使わない様にすることも大切となります。
このように、吐物処理を行う場合には他の方への感染などが起こらない様に考慮上で、処理を行うようにしましょう。