MENU

牡蠣

普段から、貝類が好きという方も多いと思います。やはり、貝類は美味しいものですよね。中には、「特に、生で食べるのが美味しい」と思っている方もいると思います。しかし、ノロウイルスの原因となっているのは、そういった貝類によるもの。特に、生の状態で食した場合には、ノロウイルスに感染してしまう可能性が大きくなります。
牡蠣などは、冬の時期が美味しい時期。鍋などに入れて食べる方も多いと思いますが、牡蠣などの二枚貝を食べる際には、十分注意が必要となります。では、牡蠣などを食べることで、どうしてノロウイルスに感染しやすくなるのでしょうか。それは、牡蠣などは栄養を取るために、海水などに含まれているプランクトンなども、エサとして取り入れている状態となります。実は、この海水の中にノロウイルスが含まれています。牡蠣は、エサを何度も取り込んでいくことで、少しずつ体の中にノロウイルスを貯め込んでいる状態ということ。しかし、不思議なことに、牡蠣の中ではノロウイルスは増えることはありません。この牡蠣などを食することで、私たち人間の腸の中では、ノロウイルスが増殖してしまい、感染してしまう可能性があるということ。
「じゃあ、どうやって牡蠣を食べれば安全なの?」と思われますよね。まずは、生で食しないことが一番。出来るだけ、しっかりと火を通して調理したものを食べる様にしましょう。そうすれば、美味しく食べることが出来、更にノロウイルス対策にもつなげることが出来ますよ。