MENU

水分

ノロウイルスに感染してしまうと、嘔吐や下痢などの症状がみられることになります。人によっては、この症状の度合いは異なってきますが、嘔吐や下痢などが原因で、体の中が水分不足となってしまう状態となります。中には、脱水症状となってしまうこともありますので、十分に注意が必要となります。
しかし、「水分を摂らなくては」と思っていても、吐き気がひどければ、水分を摂るのも苦しいですよね。水分を摂ることで、逆に吐いてしまうということもあるでしょう。そんな時は、あまり無理せずに少量の水分を、回数に分けて摂るように心がけましょう。無理をして水分を摂ってしまうと、逆に胃に負担をかけてしまい、嘔吐や下痢を繰り返してしまう可能性もありますので、水分の摂り方にも注意しながら摂る様にしましょう。高齢者の場合には、薬呑みなどを用いて、少しずつ水分を与える様にしましょう。こういった容器を利用すれば、衛生面でも安心して使用することが出来ますよ。小さなお子さんの場合には、お子さんの年齢に合わせて、コップやスポイト、スプーンなどを用いて、少しずつ与える様にしましょう。お子さんの場合にも、水分補給しようと、一度にたくさんの量を摂ろうとしますが、一度にたくさんの量を摂ってしまうことで、下痢、嘔吐が繰り返されてしまいます。焦らずに、少量を数多く与える様にしましょう。
このように、ノロウイルスの際には水分補給は大切となりますが、摂り方も重要となりますので、頭に入れて置きましょう。