MENU

汚物

ノロウイルスの感染者が家族に出た場合には、感染者の看病も大切となりますが、二次感染を防ぐことも大切となります。二次感染の多くは、嘔吐物、排出物などの処理の際に感染しています。
では、ノロウイルス対策のひとつ、汚物などの処理方法についてご紹介しましょう。まずは、汚物などの処理をする際には、素手で行わないことが大切。処理をする際には、ゴム手袋、ますく、エプロン、ビニール袋、塩素系の漂白剤、バケツ、ボロ布などが必要となります。嘔吐物を見ると、「すぐに処理をしなくては」と慌てる方が多いと思いますが、ノロウイルス感染者の嘔吐物は扱い注意が必要となります。まずは、焦らずにこれらを準備してから、処理を行う様にしましょう。処理をする際には、窓を開けた状態で、換気を行って処理をするようにすることも大切。嘔吐物を吹いたボロ布は、ビニール袋に入れて、塩素系の漂白剤などをかけた状態で、ビニール袋を締め、捨てる様にしましょう。当然、中の物が出てこない様に、しっかりと結びましょう。処理後も、しばらくは窓を開けて換気しておいた方が良いでしょう。そして、処理後にはしっかりと手を洗うことも忘れずに行いましょう。
このように、汚物の処理は、通常の風邪などの際の処理方法とは異なります。二次感染を防ぐためには、こういった処理方法がポイントとなってきますので、万が一ご家族の中に感染者が出た場合には、しっかりと処理を行う様にしましょう。